幼児教室の需要

ガッツポーズ

幼児教室別にかかる費用の傾向を見ておく

こどもが大きくなる以前にも、習い事などをさせて、こどもの将来に役立つために何かをしている家庭は多く見られます。特に習い事については、スポーツ以外にも、音楽関連のお教室に通わせている事も多くなっています。 かなり小さい時から幼児教室に通わせる事もありますが、その費用については、大体ですが、1ヶ月の月謝制になっている事が多く見られます。スポーツや音楽などの場合には、5,000円から10,000円位の月謝額になっています。月謝の支払いについては、引き落としであったり、お月謝袋に入れた現金での支払いをしている事もある様です。この様な習い事幼児教室の場合であっても、有名講師が指導にあたる場合には、比例して費用が高くなっていたり、月に通う回数が少なめの設定になっている事があります。

戦後からの歩みを見ておく

幼児教室が特に広がりを見せたのは、戦後の経済成長が著しく、経済的な豊かさが一般の人にも実感される様になってからの事です。当時の豊かさの象徴としては、ピアノがあり、アップライト型のピアノを置く事で、こどもにピアノの習い事をさせる事が多く見られる様になりました。団地などの場合であっても、こどもにピアノを習わせている家庭は多く見られていました。それ以前にも、一部の裕福な家庭の場合には、家庭教師を家に招いて、楽器を使用した音楽を習わせたり、絵画などを習わせるケースもありました。 幼児の脳の発達に関する研究が進み、また、親がこどもの将来を考えて習い事を含む幼児教室に通わせる事が非常に増える様になり、現在に至るいくつかのタイプに分類される幼児教室が出現している状況となっています。